ホーム > 害虫獣駆除サービス > ゴキブリ駆除サービス

ゴキブリ駆除サービス

ゴキブリを生息させない環境を作る!

ゴキブリ駆除サービス

動画を見る

お店の環境にやさしく、安全。
必要量の薬剤処理で、高い効果を発揮します。

プロのポイント!

ターミニックスのゴキブリ駆除は、ゴキブリに効果的なベイト剤を使用。液剤を散布する駆除方法とは異なり、必要な場所に少量を設置するので、短時間の作業が可能です。食器類の後片付けも必要ありません。

事業所用
ゴキブリ駆除サービス
無料相談する

無料診断

(1) 徹底的に調査

(1)徹底的に調査
まずは、ゴキブリの生態を熟知したプロの目で、生息場所と繁殖状況をくまなく調査します。

初回サービス

(必要に応じて)バキュームによる吸い取り

(必要に応じて)バキュームによる吸い取り
活動中の成虫・幼虫はもとより、死がいやフン、卵まで、HEPAフィルター装着のバキュームで除去します。

定期サービス

(2)ベイト剤の設置

(2)ベイト剤の設置
ゴキブリの巣や通り道など、生息率の高い必要な箇所にベイト剤処理を行います。ポイント施工なので、食器類の洗浄、後片付けは不要です。
※ベイト剤…ゴキブリが好んで食べるエサ状の駆除剤。

(3)調査トラップの設置

(3)調査トラップの設置
薬剤処理後も生息状況の確認のための「調査トラップ」を必要な箇所に設置します。

(4)定期管理

(4)定期管理
トラップによる生息状況確認や目視調査により、継続的に状況を確認。必要に応じた的確な処理を行い、ゴキブリのいない衛生的な環境を維持します。

ターミニックスならではのメリット

手間なし
営業時間中にサービスでき、後片づけも不要です。
安心
4週間ごとの定期管理システム、サービス終了後の衛生チェックやアドバイスなど、専門知識を持ったプロによる定期管理システムです。
低料金
米国ターミニックス社との技術提携と独自のノウハウにより、低料金で質の高いサービスを実現しました。
全国同サービス
400店舗のネットワークにより、全国どこでも高い技術のサービスをご提供します。
プロフェッショナル
プロ専用の「ベイト剤」を使用。ニオイもなく、薬剤の発散もありません。
  従来 ダスキンターミニックス
訪問回数 年2〜4回 4週間に1回(年13回)の定期訪問
サービス時間 夜間や終業後
(従業員さんが夜残ったり、カギ預けの心配もある)
昼間の就業時間中、約20分。
(従業員さんとの直接対話で確実なサービスができる)
サービス終了 食器の洗浄、後片づけが必要 食器の洗浄、後片づけが不要。
作業報告 薬剤処理の報告 毎回サニテーションレポートを提出。
●衛生管理についてのご提案
●害虫獣チェック表による報告
駆除効果 駆除効果グラフ:一般的な業者
ゴキブリの気になるラインを超える可能性が高い。
駆除効果グラフ:ダスキンターミニックス
ゴキブリの気になるライン以下に抑えられる。
主な使用薬剤 乳剤(薬剤臭がきつい) ベイト剤(ニオイがなく、安全性が高い)
サービス方法 薬剤多量散布による駆除。
空気中に薬剤処理するので夜間に作業。
ゴキブリが隠れている割れ目、
すき間に薬剤処理。

事業所用定期サービス

【4週間標準サービス料金】
50m2(約15坪まで) / 5,400円(税抜5,000円)
80m2(約25坪まで) / 7,560円(税抜7,000円)

【初回サービス料金】
50m2(約15坪まで) / 16,200円(税抜15,000円)
80m2(約25坪まで) / 22,680円(税抜21,000円)

※土、日、祝日および早朝、深夜の作業は料金が異なります。
※状況によりベイト剤以外の薬剤処理が必要な場合があります。
※サービス料金は面積や作業規模によって異なりますので、お見積りさせていただきます。
※場合によりサービスできないことがあります。
※写真はイメージです。作業方法は写真と異なる場合がございます。
※サービスカーの駐車スペースのご用意をお願いします。駐車できない場合は、有料駐車場を利用させていただきます。その場合、駐車料金をご負担いただきます。
※料金は消費税(8%)込みの総額表示となっています。

ゴキブリ駆除サービス

動画を見る

お店の環境にやさしく、安全。
必要量の薬剤処理で、高い効果を発揮します。

プロのポイント!

ターミニックスのゴキブリ駆除は、ゴキブリに効果的なベイト剤を使用。液剤を散布する駆除方法とは異なり、必要な場所に少量を設置するので、短時間の作業が可能です。食器類の後片付けも必要ありません。

事業所用
ゴキブリ駆除サービス
無料相談する

ダスキンターミニックス安心パック ダスキンだからこその力強い味方!もしもの時にダスキンの商品サービスで復旧をサポートします。

【FAQ】害虫獣駆除サービスについてのよくあるご質問 クリック

お申し込み、お見積り、お支払い方法などについて

Q1 料金はいくらぐらいかかるの?
A1 広さやサービスの内容によって料金が異なります。まずは担当者がお客様宅へご訪問のうえ、調査・お見積りさせていただきます。
Q2 調査はどんなことをするの?
A2 建物の周辺環境、被害状況、棲息状況などをお客様へのヒアリングと目視で調査します。この結果に基づき、必要なサービス工程を設計し、作業内容の詳細を明記した見積書によってご提案させていただきます。調査・お見積りは無料(注1)ですので、お気軽にご相談ください。
注1:ダニを含む害虫の種類特定調査など、一部の調査を除きます。詳しくは、お見積りのときにご説明させていただきます。
Q3 見積りの料金以外に追加料金は発生するの?
A3 お客様のご希望で、当日追加サービスを依頼されない限り、追加料金は発生いたしません。
Q4 調査・見積りはどのくらいの時間がかかるの?
A4 お見積りは必ず実地調査をした上で算出しますので、調査の内容や調査面積によってお見積りにかかる時間も異なります。
【調査時間の目安】
●一般家屋のシロアリ駆除:約2〜3時間
●通常の飲食店(100m2程度まで)のゴキブリ駆除:約20〜30分
●特定建築物(3,000m2以上)などの害虫防除:約2〜3時間(場合によっては、1週間〜1ヵ月以上に及ぶ場合もあります。)
Q5 支払い方法は?
A5 お支払いは、現金や各種クレジットカード、銀行振込にてお願いしております。
※クレジットカードおよび銀行振込は、一部対応できないお店もあります。事前にご確認ください。
お支払い方法

ページトップ

サービス実施〜サービス時間などについて

Q1 すぐサービスしてもらえるの?
A1 基本的にはお客様にサービス内容を確認後、お見積りをさせていただき、ご了解いただいた時点で、サービス日のご相談をさせていただきます。もしお急ぎの場合は、最初のお電話の際に、その旨をお申し付けください。ご希望に添えるように対処させていただきます。
Q2 どんな人が来るの?
A2 知識と技術研修を受けたスタッフが、サービスに伺います。お伺いする人数は、サービス内容により異なりますので担当店にお問い合わせください。
Q3 どこのお店から害虫獣駆除にきてくれるの?
A3 お近くのフランチャイズチェーン加盟店より害虫獣駆除に関する専門のスタッフがお伺いいたします。
Q4 サービス時間はどれぐらいかかるの?
A4 サービス内容によって異なります。詳しくはお見積りのときにご説明させていただきます。
●シロアリ駆除サービス(ベイト工法):約2〜3時間(建物の外周が20〜30m)。外周地面の状態によって異なります(コンクリートの場合は時間を要します)。
●シロアリ駆除サービス(バリア工法):約3〜4時間(一階床面積が10〜15坪の場合)。規模によって異なります。
●ゴキブリ駆除サービス:[初回]約2〜3時間、[2回目以降]約20〜30分
●ネズミ駆除サービス:被害状況・対象物件の立地条件・サービス内容によって時間・回数は異なります。一日で終わらない場合もありますので調査・お見積りのときにご相談させていただきます。
Q5 留守でもいいの?
A5 メニューや内容によりますが、ご希望であれば、事前にご相談させていただき、責任を持って作業させていただきます。ただし、サービス前とサービス終了後のご確認をお願いしております。
Q6 作業中にその場にいても大丈夫?
A6 基本的には大丈夫です。作業に支障がある場合は、移動をお願いすることもあります。
Q7 サービス前に準備しておくことはあるの?
A7 お見積りのときにご説明させていただきますが、貴重品や高価な商品などは、お客様にあらかじめ移動をお願いすることになります。
Q8 作業中に大きな音はするの?
A8 メニューや内容によりますが、資器材を使用する場合は多少の駆動音などが気になるかもしれません。詳しくは、お見積り時にご確認ください。
Q9 水道や電気は使用する?
A9 作業に必要な場合は、事前にお客様にご了承のうえ、使用させていただきます。また、新築など電気や水道が使えない場合は、他からお借りすることになります。その場合はお見積りのときにご相談させていただきます。
Q10 食事やおやつの用意は?チップは?
A10 一切ご用意していただかなくて結構です。チップなどのお心遣いも、必要ありません。
Q11 車はどこに停めるの?
A11 サービスカーの駐車スペースのご用意をお願いします。駐車できない場合は、有料駐車場を利用させていただきます。その場合、駐車料金をご負担いただきます。
Q12 サービスが終了すれば、すぐ使っても大丈夫?
A12 空間処理(空中噴霧)施工させていただいた場合は3〜4時間入室できませんが、それ以外は基本的に問題ありません。

ページトップ

実際に使用する薬剤について

Q1 どんな薬剤を使用するの?
A1 厚生労働省に認可され、人体への影響を考慮した薬剤を安全に配慮した方法で使用しております。使用薬剤に関しては、対象害虫獣や内容によって異なりますので担当スタッフにご確認ください。
Q2 薬剤にニオイはないの?
A2 効果を損なわず、ニオイの少ない薬剤を使用しております。薬剤の中にはニオイのあるものもございますが、サービス後いつまでもニオイが残ることはありません。
Q3 アトピーやぜんそくなどのアレルギーがある場合、影響はないの?
A3 アレルギーの症状のある方には、あらかじめ医師にご相談いただくようにお願いしています。その後、医師の指示に従い、サービスを実施します。
Q4 犬やネコ・魚などのペットに影響はないの?
A4 使用する薬剤は脱皮を阻害する物質で、昆虫など脱皮する生物以外にはまったく無害。ニオイもなく容器に収納されているので触れることもありません。

ページトップ

シロアリ駆除サービスについて

Q1 ベイト工法とバリア工法の違いは?
A1 ベイト工法:基本的に床下に薬剤をまかずに、シロアリの生態を利用して、最終的に巣ごと退治します。定期点検によってシロアリの侵入の有無を継続的に監視し、新たなシロアリの侵入からも建物を守り続けます。1年ごとの契約で、契約期間中は一定額まで被害補償(注1)付きです。
※ベイト工法は、ダウ・アグロサイエンス商標のセントリコン・システムを採用しています。
バリア工法:シロアリ専用の薬剤を床下に散布する事でシロアリの駆除・侵入予防をします。床下に薬剤の膜(バリア)をはるイメージです。被害状況に応じて適切に処理します。5年間保証(注1)付き。
注1:適用条件がありますので、お見積り時にご確認ください。
Q2 部分的な施工もしてもらえるの?
A2 可能ですが、完全な施工ではないので保証や再施工サービスを付与する事ができません。
Q3 ベイト工法でシロアリを根絶した後にも引き続き定期管理は必要?
A3 一つの巣を根絶しても、別の巣から餌場を求めてシロアリが侵入してくる可能性があります。定期管理によってシロアリの活動状況を常に監視し、新たな被害を未然に防ぎます。

ページトップ

ゴキブリ駆除サービスについて

Q1 どのような作業をするの?
A1 初回:ゴキブリによる被害がすでにある場合は駆除を目的に作業させていただきます。什器・器材を移動させる場合もありますので比較的に大掛かりな作業になります。
2回目以降は初回に駆除しきれなかったゴキブリの駆除作業と、ゴキブリを見ない状態の維持管理を目的としますので点検作業がメインとなり、ダスキン所定のサニテーションレポート(チェック表)でのチェックをさせていただき、清掃状況の報告や衛生面での改善提案をさせていただきます。
Q2 ゴキブリはすぐにいなくなるの?
A2 大量に繁殖している場合は、初回サービス時にバキューム作業(専用の掃除機による駆除)を行いますので、かなりの数が減少できます。隠れているゴキブリには、ベイト剤(ゴキブリが好んで食べるエサに駆除剤を含ませたもの)を食べさせることで駆除します。ただし、ベイト剤は、ゴキブリが食べなければ効果はありません。効果は状況によって異なりますので、調査・お見積り時にご確認ください。
Q3 ゴキブリはまったくいなくなるの?
A3 ゴキブリはモノや人に付着して侵入し、丈夫な殻に覆われた卵には薬剤が効かないため、しばらくたってふ化する場合もあります。せっかくゴキブリがいなくなっても再発することがありますので、定期管理をすることでゴキブリを見ない状態の維持管理をさせていただいております。

ページトップ

ネズミ駆除サービスについて

Q1 どんなネズミでも駆除できるの?
A1 駆除できるのは、「ドブネズミ」「クマネズミ」「ハツカネズミ」の3種類です。
Q2 ネズミはすぐにいなくなるの?
A2 ほとんどの場合、1回の施工ではいなくなりません。最長で30日間の期間を設け平均3回〜5回の施工をさせていただいております。
Q3 ネズミはまったくいなくなるの?
A3 ネズミがまったくいなくなるよう最大限の効果を期して施工させていただきますが、さまざまな制約条件により駆除しきれない場合があります。そのほとんどの場合、お見積り時の調査でお知らせし、お客様に了解をいただいたうえで施工に入らせていただいております。

ページトップ

飛翔害虫駆除システムについて

Q1 飛翔害虫ってどんな虫?
A1 害虫獣駆除の対象となる飛翔害虫は、主に2種類に分けられます。
1. 内部発生の飛翔害虫:チョウバエ・ショウジョウバエ・ノミバエ・チカイエカなど
2. 外部侵入の飛翔害虫:ユスリカ・タマバエ・キノコバエ・ガガンボなど
Q2 飛翔害虫はどんな場所に発生するの?
A2 飲食店や食品加工関連のウェットフロア、特にグリストラップや排水溝からの発生が多いです。また、河川・池沼など水場の近くから飛翔害虫は発生しやすく、飛翔害虫の侵入とそれを捕食するクモ類の被害が多く見受けられます。
Q3 どんな作業をするの?
A3 薬剤で駆除する方法や、捕虫器を設置する方法など、状況に応じた作業を行います。飛翔害虫の種類や発生場所により、効果的な方法も異なりますので、組み合わせた提案をさせていただく場合もあります。

ページトップ